知らないと損!アメリカのデーティング期間と国際恋愛ノウハウ

こんにちは、ニュージャージー在住のちえみ(@chiemi_in_nyc)です。

好きになった人が日本人じゃない、なんてもう珍しくない時代ですね。

話す言語や育った文化が違うだけで、「アレってこういう意味なのかな?」「自分て相手にとってどういう存在なんだろ?」と悩むことが多くなってしまいますよね。

そして、アメリカの国際恋愛では日本人を悩ませるデーティング期間という存在もあります。

アメリカのデーティングって曖昧で、イマイチ理解できない!という方も多いはず。

ということで、今回は、デーティングの実際の経験をもとに、アメリカ国際恋愛とデーティング事情についてご紹介していきます。

アメリカのデーティングとは?

まず、デーティングというのは、気になる相手のことをデートを重ねて知っていった上で、恋人的な存在として一緒にいたいかを図る恋人未満の期間です。

デーティング期間といっても、「そろそろお互いのこと知れたから恋人になろうか」という風に終わるのではなく、自然とお互い一緒に過ごしていつの間にか付き合っていた、ということも多いです。

デーティングは相性を確かめ合う期間だから、相手は他の異性ともデーティングしているんでしょ?

それは半分正解で半分間違いです。

もちろん、複数の人とデーティングする人はいますが、それが必ずしも真剣なデーティングかというとそうではありません

というのも、”デーティング”というのは名前だけでたくさんの人と関係を持つだけの人もいるからです。

たまに聞く、デーティング相手から「恋人ができた」と言われてデーティング期間中が終わった、という話もありますが、アメリカではオフィシャルな恋人とは一緒に行動したいし、たくさん時間を過ごしたいと思うほどの強い存在なのです。

なので、”デーティング”という名で性的関係を持ってたけど、公式に恋人ができたからそういう関係を切りたい、という意味ではあり得るエピソードなんです。

実際、今までデーティングしてきた人はみんな、私と1対1でデーティングしていました。

その理由を聞くと、

「そんなにたくさんの人と会ってる時間なんてない」

「複数の人とデーティングする人もいるけど、ひとりの人とデーティングすればその人のことがちゃんとわかるから複数人もいらない」

といっていました。

ですので、デーティングが必ずしも「たくさん浮気状態」であるわけではないのです。

アメリカ人が教えるデーティング

アメリカのデーティングを一番よく知っているのは、アメリカ人!

ということで、アメリカ人の友達が教えてくれたデーティングとは何かをご紹介します。

アメリカ人Aのデーティング定義

アメリカ人A:3回目のデートからもう付き合ってることになるよ

アメリカ人は、少しでも興味がない、初デート行ってみたけど自分とは合わない、と思えば次のデートにはいきませんし誘いません。

1回目と2回目のデートを重ねてその次も会うということは、お互い好意を持っていて、かつ、もっと一緒に過ごしたいと思っている証拠です。

アメリカ人Bのデーティング定義

アメリカ人B:3〜5ヶ月間くらいはデーティング期間。

そのくらい経ったら、相手(男)が私たちってどういう関係なのかってことをクリアにしてくれる。

5ヶ月は長い。

5ヶ月経っても相手が関係をクリアにしてくれなかったら自分からちゃんと聞くべきで、その時にクリアにしてくれないなら別れた方がいい

3、4ヶ月を恋人のように一緒に過ごせば、関係的にも落ち着いてきますよね。

そのタイミングで、相手にとって自分たちが恋人関係なのか、それとも恋人関係としてはしっくりこないのかわかってくるはずです。

この時期に相手がその関係性をはっきりできないのであれば、お互いの時間の無駄になるので別れた方がいいでしょう。

以上が大まかなデーティングの概念になります。

デーティングを始める前に、まずは相手を探したいという方はこちらも参考にしてください。

デーティングのコツ

ここでは、私がデーティングで実際にやってみてよかったことと、デーティングの知っておくべきルールをご紹介します。

初デート編

初デートはフランクなお出かけ

初デートはあくまでお互いどんな人なのか知り合うためのものです。

ですので、初デートはいろんな形があり、コーヒーを飲みにいくカジュアルなものから、ランチを食べにいく、雰囲気のある場所でディナーする、など状況により様々あります。

お互いがお互いに異性として興味があって、デートの認識があればそれはもうデートです。

初デートはキスまで

アメリカでは、初デートでしていいのは原則キスまでといわれています。

海外ドラマでも誰かが初デートにいく際よく使われるフレーズで、

Don’t get passed the second base

というセリフがあります。

ようは、ファーストベースとセカンドベース(キス)以上のことはしてきちゃダメよ〜って意味なんですね。

ですので、初デートの本質である「お互いを知り合う」を忘れないでください。

また、初デートでディナータイム以降がいいという人は違う目的で会いたがっている可能性が高いので、気をつけましょう。

相手のデーティングスタイルは初デートで聞くべし

相手が複数の人とデーティングする人なのか不安な人は、思い切って「あなたはどういうデーティングをするの?」と聞いてみてください。

ここで、「僕はひとりと一途にデーティングするよ」と言っているにも関わらず、複数の人ともデーティングしていたらきっぱり切った方がいいでしょう。

なぜなら、アメリカのカップルは、お互いに対して正直でいることを大事にします。

お互いを知り合うはずの最初のデートから嘘をつくような人とは後々いい関係を作っていくことはできないでしょう。

英語の完璧さを気にしすぎない

現地で出会った人とデートとなるともちろん会話は英語です。

英語に自信ないし、会話にならなかったらどうしよう、、、

と思う人はけっこうたくさんいますが、むしろ英語の完璧さを求めて会話ができなかったらお互いを知り合えないのでもったいないです。

ネイティブ英語話者には英語が上手い人も英語に自信ない人でも英語が第二言語だというのはすぐにわかります。

そんなネイティブの人たちは英語試験官ではなく、目の前にいるあなたを恋愛対象として知りたいと思っていますよね。

もちろん付き合うとなるとお互いの意思疎通をできるくらいには英語は必要ですが、英語の精密さより相手と楽しい時間を過ごすことに集中しましょう。

恋愛英語をもっと知っておきたい人はこの記事をどうぞ

関連記事

こんにちは。ニュージャージ在住のちえみ(@chiemi_in_nyc)です。 国際恋愛に興味がある人にも、すでに気になる相手がいる人にも、この先英語の恋愛表現をニュアンスでわかることはとても大事です。 勘違いしてしまったり、相手[…]

初デートはあくまで初デート

最初の1〜3回目のデートで気が合わない、惹かれないと思ったら正直に次デートを断りましょう

アメリカ人は日本人ほど相手の気持ちや雰囲気を理解してくれません。

相手が自分を気に入っていたら次のデートも誘ってくるので、「察して〜😂」と思うのではなく、デートをしたくないことを間接的にでいいので言いましょう。

私の場合も、なんとも思っていなかった人に初めてデートに誘われて、うまく自分の気持ちを言えず、相手だけ少しヒートアップしてきて断るタイミングを見逃しそうになったこともありました。

最初のデートで合わないと思えば断るのはお互い様なので、興味がないと思ったら気負わずに断りましょう。

日本人的優しさが相手の時間を無駄にする

上記のに関連してですが、興味もないのにデートし続けるのは、アメリカでは相手の時間を無駄にするという行為になります。

この人とデーティング続けたくないと思ったら、遅かれ早かれいつか相手に興味がないことを伝えなけれないけません。

好きでもないのに無駄につなぎとめておいたら、お互いが新しい人と出会うチャンスを阻止してしまいます。

デーティング期間編

彼氏・彼女のレッテルを気にしない

アメリカのデーティングが日本人にとって難しく感じる理由は、彼氏・彼女というレッテルにこだわってるからだと思います。

結局のところ、彼氏・彼女のレッテルを貼ったからといって、相手が自分のことを好きでいてくれてる確証があるわけでもありません。

はっきりさせない関係は不安かもしれませんが、相手の自分への好意は相手の行動からにじみ出ますし、相手から大切にされていなければ自分が幸せに感じてないこともわかります。

アメリカ人といっても、私たちと同じ人間ですので、感じる感情も本能的な心理もほとんど一緒です。

また、デーティングといっても、アメリカ人でさえも複数の人とデーティングしてる人をよく思ってる人はそこまでいません。

他にデーティングしてる人の影がたくさん見えるような相手なら、一度その先のことを考えてみた方が自分の為になります。

それでもレッテルを気にしてしまうなら相手に伝える

それでも恋人関係をはっきりさせたい人は、もやもやひとりで考えずに、相手にそのことを言ってみるのも手です。

アメリカの国際恋愛といえど、日本文化で生まれ育った自分たちがなぜ全てアメリカ流に恋愛しなきゃいけないんだ?という話でもあります。

相手には、「私はこういう恋愛の文化で育ったから、付き合おうって言って欲しい」や、「付き合うまではこれはしたくない」と意見を言いましょう。

アメリカでは自分の意見を言うということは当たり前のことですので、嫌われるか気にせずに試しに聞いてみましょう。

そこからはふたりのベストに寄り添えるようにコミュニケーションを取るのみです!

まとめ

いかがでしたか?

アメリカのデーティングは複雑に見えますが、デーティングの本質を理解すれば、自分にあった方法で国際恋愛することができます。

どこで国際恋愛するにも、相手のデーティングスタイルを知っておいて損はありません。

お互いにいい関係を作れるよう、頑張ってくださいね!

最新情報をチェックしよう!